ニキビの原因と治し方

ニキビ,潰し方,治し方

ニキビはアクネ菌が原因でおこることを知っている人は多いと思います。アクネ菌は空気を嫌う菌で、毛穴の中にすみついて、詰まった皮脂をエサに繁殖をします。アクネ菌が増えすぎると炎症を起こして赤いニキビができるのです。

 

では皮膚を清潔にしてアクネ菌を排除してしまえば良いかというと、そういう訳にはいきません。アクネ菌は誰の皮膚にも存在している一般的な菌であり、他の雑菌が入ってくるのを防いでくれているからです。アクネ菌はニキビの原因にもなりますが、本来は皮膚を守ってくれるありがたい存在なのです。

 

ニキビを防ぐにはアクネ菌を殺菌するよりも、皮脂の分泌を抑え毛穴につまらないようにすることが大切です。皮脂が過剰に分泌されるのは一つはホルモンバランスの乱れがあります。思春期は体が大人の体に変化する時期なので、ホルモンバランスが崩れることがおこりがちです。そのためニキビは思春期に起こりやすくなるのです。また思春期を過ぎた大人でもストレスや食生活などでホルモンバランスが崩れニキビができやすくなることがあります。

 

ホルモンバランスのほかに洗顔のしすぎもニキビを誘発します。皮膚は本来水分と皮脂が程よくまざりあって健康な状態を保っています。洗顔して皮脂をとりすぎると肌を保護する力が弱まるので、より一層皮脂を沢山分泌してしまうのです。

 

ニキビ対策としては刺激の少ない洗顔料で1日2回程度丁寧に洗顔をすること、その後にしっかり水分をおぎなって保湿をしてあげることです。保湿をすると水分量が多くなるため皮脂の分泌が抑えられます。またバランスの良い食生活も皮脂の分泌を抑えるのに効果的です。

 

 

ニキビ,潰し方,治し方ニキビの初期段階は潰してもOK?ニキビの潰し方はこちら

 

関連ページ